ハウスクリーニングを開業しよう|自分のお店を持てるテクニック

柔道整復師の業務を支援

治療

入会時には資格要件を確認

柔道整復師会は、国家資格保有者である柔道整復師によって構成される職能団体です。主な事業内容は会員相互の交流・法令改正等に係る情報提供・技能講習・業務支援等です。これらの事業の中でも開業柔道整復師会にとって特にメリットが大きいのが、業務支援です。柔道整復師は保険適用のある施術を行った場合、受領委任払いによって各保険者に療養費を請求することができますが、柔道整復師会に加入すると請求業務を代行してもらえます。請求書は柔道整復師会あてに一括して送れば保険者ごとに振り分けてくれますし、入金も取りまとめてもらえるので経理事務の負担を軽減することができます。柔道整復師会には、さまざまな設立形態があります。最もよく知られているのは公益社団法人で、各都道府県に1つずつ設立されています。他にも協同組合や任意団体として設立されているものもあり、入会規約に合致しさえすればどの団体に加入するかは自由です。柔道整復師会に加入する場合は、まず加入条件や活動内容、会費の額等を調べた上で加入先を決め、事務局に連絡を取ります。最近はインターネット経由で資料を請求したり、申込書をダウンロードしたりできるところも増えています。入会申込を行ったら、担当者と面談し、最終的な意志確認をします。その後、各種契約を済ませて手続きは完了となります。具体的な手続き方法は柔道整復師会ごとに異なりますが、柔道整復師免許や施術所開設届の写しといった書類の提出はどの会でも必要となります。また、レセコンと呼ばれる業務処理システムの導入や団体生命保険への加入などが必要な場合は、それぞれ契約手続きを行います。